うつ病と吃音は治せる【心療内科でカウンセリング】

女性

日常生活でも要注意

女性

うつ病になる原因は様々あり、ストレスを感じない日常生活を送っているつもりでも発症している可能性があります。うつ病チェックなどで自身の心や体のストレスを確かめて見ましょう。

» 詳細へ

安心できる治療

医者

相性の合った心療内科の医師と治療するだけで体と心のストレスは感じにくくなります。そのため、病気の治りも早くなります。心療内科を検討している方は電話で問い合わせるなどして、院内の雰囲気を感じ取ってみると良いでしょう。

» 詳細へ

体と心を守る

東京でカウンセリングを行なうことで、心に持っている悩みを解決することができます。プロのカウンセラーが、心の病気を改善してくれます。

スピリチュアルカウンセリングなら神奈川にあるこちらがおすすめです!心の奥底に眠っている悩みの根本を解消します。

どのような症状、分類があるのでしょうか

女性

吃音とは、米国精神医学会によると「正常な会話の流暢性と時間的構成の障害があり、そのことが学業的・職業的・対人的に適応に困難を招いている」となっています。しゃべる際に言葉につまってしまうことは、誰でもあります。吃音は、その中でも社会への適応に問題が生じるレベルの症状を指すのです。 ただ、吃音にも数種類あり、特徴も異なります。まず大きく「発達性吃音」と「獲得性吃音」の2つに分類できます。前者は幼児・学童期に発症するもの、後者は青年期以降に発症するものです。「獲得性吃音」は更に神経原性と心因性といったタイプに分類できます。それぞれのタイプで言葉の詰まり方や一貫性、それに対する治療方法に違いがあるため、適切な分類が必要となります。 尚、吃音の中核症状として、大きく4つが挙げられます。「音・音節の繰り返し」、「誤の一部の繰り返し」、「引き伸ばし」「阻止(構音運動の停止など)」です。これらと異なる症状が出る場合は、吃音とは別の要因(失語症や器質性構音障害)などの疑いも考えられます。 いずれにしても専門家に相談の上、適切な診断と治療を施してもらうことが大切です。

誰に相談すればよいのでしょうか

では、吃音に関しては、どのような専門家がいるのでしょうか。まず一番に挙げられるのはお医者さんです。先述の種類により専門分野は多少異なる可能性がありますが、まず心療内科、神経内科の先生が第一選択となるでしょう。その中で心理療法や薬物療法など、様々な療法が選択、処方されることになります。 続いて、こちらも医師からの処方の一つとなりますが、言語聴覚士という言葉の専門家がいます。この言語聴覚士は、ことばのスペシャリストであり、医学的、心理的、日常的なことばの問題について知識が非常に豊富な療法士です。特に日常生活場面での問題(会社や学校など)について積極的に評価、介入をしてくれるので、心強い存在だと思います。 いずれにしても、一人で悩まず、医師、言語聴覚士、周囲の信頼できる人などに積極的に相談することが大事です。明確な治療法はないという意見もあります。しかし、何も施さない場合と比較して、必ず症状、何より精神的苦痛は改善すると考えられます。

自分の悩みを親身になって聞いてくれる場所を利用しましょう。横浜でカウンセリングを行なっている先生に相談しましょう。

理解を深めるために、発達障害の子供についての基礎情報や効果が期待できる治療方法についてまとめているこちらのサイトを見ておきましょう。

気になったら電話で確認

看護師

心療内科では一人ひとり親身になってお客様の心と体のサポートをしてくれます。自身の症状や料金が気になる方は最寄りの心療内科に問い合わせると、丁寧に対応してくれます。

» 詳細へ