うつ病と吃音は治せる【心療内科でカウンセリング】

女性

安心できる治療

かかりつけの心療内科を作る

医者

現在、ストレス社会といわれている世の中では、精神科や心療内科に診てもらっている人も少なくないでしょう。そして現在、心療内科の受診を検討している人もいると思います。 心療内科では、医者とはもちろん、臨床心理士や看護師との関わりもあります。特に医者との相性は大事で、治療方針や医者の考え方が大きく患者の心に関わってくるのです。なので、1つの心療内科を受診するだけでかかりつけ医を決めるのではなく、複数の心療内科を受診してみて、自分と合っているか相性を確認することがとても重要だと思います。1つの病院だけではわからないことが見えてきます。 これから心療内科を受診する人は特に、自分と医者の相性が合っているか、確認してみてください。相性の合う病院での治療が、病状を和らげたり治したりする大きな目安です。

心療内科での診察について

体調がなかなかすぐれない、夜なかなか眠れないものの、内科で診察や検査をしても異常が見つからない人はたくさんいらっしゃるかと思います。そういう場合、心の病の可能性があるので心療内科での診察を検討してみるのも良いかと思います。 心療内科は、主に原因不明の体調不良や不眠や焦燥感等を治療しています。初診時に時間をかけてカウンセリングし、状態にあったアドバイスや投薬などの治療を行います。 心療内科にかかった場合、医療費の面で不安になられる方も多いかと思います。通常の診察では、初診時が三千円〜五千円くらいかかりますが、二回目以降の診察時には千数百円くらいです。ただ、住んでいる市区町村で自立支援医療公費負担制度に加入すると、心療内科の医療費を通常の三割負担から一割負担に減らすことができます。薬が処方される場合はもちろんこれ以外にも薬代がかかりますが、先述の自立支援医療公費負担制度に加入すると、薬代も一割負担になりますので、医療費負担を大きく減らすことができると思います。私もかかったことがありますが、予想していたほど医療費がかからないという印象を受けました。