うつ病と吃音は治せる【心療内科でカウンセリング】

女性

日常生活でも要注意

女性

うつ病は人を選ばない誰がかかってもおかしくない心の病気です。現代でうつ病の患者は100万人に上るといわれています。うつ病は人間関係の精神的ストレスなどで発症してしまうと思われている方も多くいます。しかし、うつ病は精神的ストレスだけではなく他の要因でもうつ病が発症する場合があります。構造的ストレスや化学的ストレス、温度と湿度のストレスとうつ病になる要因は様々です。心の負担だけではなく体に負担をかけることでストレスが溜まっていきうつ病が発症します。カフェインや砂糖などの成分は化学的ストレスになるため、うつ病や自律神経失笑症の方は摂ってはいけない成分と言われています。このように精神的ストレスだけではなく、普段の生活の過ごし方でうつ病が発症する可能性があります。精神ストレス以外でうつ病を発症した人は、ストレスを感じている自覚症状が無いため気づく人があまりいません。体に負担を感じた場合でも、うつ病チェックなどを行うと良いでしょう。

うつ病になりやすいタイプは真面目で責任感が強い、周囲の評価が高い人に発症しやすいと言われています。また、出産や月経など女性特有の身体的なホルモンバランスによって女性のほうがうつ病になりやすいと言われています。うつ病は少しのきっかけで発症する病気です。うつ病などのサポートサイトではうつ病の詳しい説明やチェックなどうつ病に関することが記載されています。また、サイトによってはチェック内容も異なるため、色々なサポートサイトでチェックすると良いでしょう。うつ病は放っておいても治る病気ではありません。最近では新型うつ病など新しいうつ病も出てきました。私は大丈夫、とお思いの方もうつ病のチェックを試してみると良いでしょう。